FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2031.10.10 目次
[ハルNotes(ハルノーツ)- 記憶の場所 - 目次


初めまして。ハルキです。

当ブログは某SNS内にあった、僕のコミュニティをベースにして作ってあります。そしてここは僕がこれまで経験してきたデートやエッチの記憶を、綴っていく場所です。僕が感じたドキドキや安らぎを皆様と共有してきたいと思うので、温かく見守っていただけたら幸いです。

…ということで、目次を年代別で整理しました。
検索しやすくなっていると嬉しいです♪


【更新中の日記】


 *優香[23歳/主婦]湿った身体と乾いた心(Vol.1~2)

【10代】

 *リナ[18歳/JK]生意気JK教育的始動されるの巻(Vol.1~4)

 *ホノカ[18歳/JK] Finedays and Tuesdays(Vol.1~6)

 *レナ[18歳/学生] 行進曲/11 *時と悲しみを越えて*(Vol.1~6)

 *マイ[19歳/キャバ嬢]枕がなくても夢はみれる(Vol.1~4

 *ハルナ[19歳/女子大生]ドキドキ!初*体*験!(Vol.1~6)


【20代前半】

 *ミホ[20歳/学生]コイスルオトメ(Vol.1~3)


 *ショウコ[20歳/学生] 彼女の事情と俺との情事(Vol.1~3) 

 *ナナ[21歳/ナース]嵐の夜のリベンジャー(Vol.1~7)

 *キミ[21歳/学生]春に濡れて。(Vol.1~5)

 *ルイ[22歳/飲食関係]跡を濁した立鳥物語(Vol.1~5)

 *ユイ[22歳/学生]レスな恋人(Vol.1~5)

 *クミ[22歳/医療事務]君に僕はソレを訊く(Vol.1~7)

 *マミ[22歳/学生]ハルキという名の止まり木(Vol.1~5)

 *マナ[22歳/キャバ嬢]開かれた閉塞感に包まれて(Vol.1~7)

 *サクラ[23歳/秘書]ケツベツという始まり方(Vol.1~10) 

 *サチ[24歳/家事手伝い]風味絶佳(Vol.1~5)

 *ハルキ[24歳/ニート]俺の夏(Vol.ミサ、ミカ、ユリ、マミコ、アミ)


【20代後半】

 *ユキ[26歳/OL]ビビッドなセピア色(Vol.1~5)

 *サトミ[26歳/OL]女は25歳から!!(Vol.1~8)

 *ミチエ[26歳/エステティシャン]未知への冒険(Vol.1~9)

 *ナツキ[27歳/キャバ嬢]夏夜の浜辺は甘美なる揺りかご(Vol.1~8

 *ナミ[28歳/OL]ツンデレ娘にお仕置き(Vol.1~5)

 *ナミ[28歳/OL]JR○○田駅のホームから(Vol.1~7)

 *ルコ[29歳/ナース]アゲなママンのラプソディ(Vol.1~7)


【30代】

 *ユリエ[33歳/OL] ホッとスポット(Vol.1)
 
 *ユリエ[33歳/OL] ホッとスポット(Vol.2) 



【番外編】


※アロマクエストLv.1~


※登場する女の子が書いてくれたサイドストーリーはこちら



... 続きを読む


電車に揺られながら、僕は文字を目で追う。



ノイズにまみれ、窮屈な恰好をして、座り心地の悪い椅子に座っていても、電車で本を読むのは悪くない。



電車内読書が好きな理由は、元々じっとしてるのが苦手で、手持無沙汰に時間を溶かすことが大嫌いで、休日に昼間から家で本を読んだりするのは何か勿体ない気がしてしまうのと無関係ではないだろう。



物語はクライマックスだ。



結婚前に婚約者とは別の女性と淫蕩の日々を送った女性から、人生の晩年に、もらった手紙を読むシーンだ。



僕はこの部分を読むにつけ、いつも頬を涙が伝う。



この日も、遅い時間の疎らな乗客の車内で、電車に揺られながら、本を読み、人目をはばからずに涙を流しながら、優香との待ち合わせの場所に向かった。



... 続きを読む
久しぶりにブログを更新してみます。


いつもみたく冗長にはならないように気を付けながら、しかも、というか、あまりに久しぶり過ぎて、ちょっともう長いの書けないっていういのもあるんですけど(笑いからの真顔)、



何はともあれ、ようやくエロ日記を書いてみようという気になったので、ブログ更新することにしました。



mixiじゃなくて、エロはこっちね!(←これ大事)



さて、これから書くのは、もう何年も前の話になります。



夏の終わりの生まれた、一夜の物語。



もし、夜にこの話を読む方がいたら、ちょっとだけ、外の風に当たってみてください。



きっと頬を撫でるであろう、湿った空気と、すこしだけひんやりした風を思い浮かべながら、この夜の事を連想してもらえるとよりイメージが湧きやすいかと思います。




... 続きを読む

俺ってば、しょっちゅうしょっちゅう、シンクロニティについての話してるよね?(笑)


まぁ、本当に、こういう偶然の一致ってのに、見舞われる?遭遇する?まぁ表現はともかく、そう感じる機会が多い気がする。


っていうのもね、お気に入りの話しを書いてるわけなんだけど、今回も出てくるんだけど、そのオキ二とよくいってた店(っていってもファミレス)を、仕事の打ち合わせで使い機会があった。


たまたま先方さんの指定で、その店使ったんだけどね。


先方さん
「○○さん、××駅出たところのを直進して、▲▲の交差点を右折して、左側に見える□□ってファミレス分かります?」



「へ…あー、(も…しかして…)□□ですよね?(間違いないなこれ)」


先方さん
「あーそうそうそうです。じゃあ、そこで待ち合わせしましょう」



「はいっ!じゃあ、後ほど。失礼します。」


とまぁ、こんな流れで、偶然その店を利用することになっちゃいました。


そこでオキ二と再会…出来たらドラマみたいでよかったんだけど、そこまでの演出は用意されてなかったけども(笑)


それにしたって、あんまりにも偶然でびっくりしたよ。だって、俺だってオキ二と行って以来何年も行ってないのにさ。


本当に、こんなことがあるんだなーって。でもこれが紛れもないマジなことなんだなぁって。


だからってわけじゃないけど…なんていうか、こうやって素敵な偶然に満ち溢れてる、この世界もまんざら居心地が悪い世界でもないんだろうな…


なあーんて思ってしまったのでした。


まぁ、どうでもいいか。こんな話し。さぁ夏だ夏だ。


今年も素敵な夏が、貴方の元に、そして俺の元にも。


やってくるように、お祈りしてから日記を始めようかな。


そーめん。(くいたいだけやんw)


じゃなくて、あーめん。



... 続きを読む

まぁ…本当はLv.8なんですけどね( ˘・з・)←なんのこだわりだw



このブログで書くアロクエは初めてなんで、便宜上、Lv.1にさせていただきました。



そして、一応、カテゴリも作ってるっていうことは…



お察しのいい読者様だったらお気づきかもしれないですけどね…



…ええ。まさかのシリーズ化決定ですっ!!←おい



まぁ、シリーズ化するほど大勢の方にしたわけじゃないけど、



それでもまぁ、一回で終わっちゃうのはもったいないくらい、気に入ったネーミングだったもんで(ノε`*)笑



そして、今回は、mixiからのスピンオフのような形で繋いでいきます。



mixiの日記の中では【オキ二】と呼んでた女の子です。



その【オキ二】とのことは、mixi上ではなんとなーくかいてしまってましたが、



やっぱり、その子とも色々あったわけで(笑)



その辺のところと、あとは、アロマクエストの内容と、このあたりをクローズアプして、



『ハルNotes的アロマクエスト』をお届けできたらいいかななんて思ってる次第です。



では、どぞっ!





... 続きを読む

************
 

キスっていう言葉と、ちゅうっていう言葉。


どちらも指す行為は同じでも、響きがまったく違う気がする。


どちらかというと、後者の方が好きな俺。


「キスして?」って言われてもなんとも思わないけど、


「ちゅう…して?」って言われると、キュンとする。



ん?なんの話しだ?(笑)


あぁそうだ。


サクラと俺のちゅうの話しね。


そうそう。たしか…


ちゅゅゅゅゅぅ…って、サクラと唇を合わせ、やがて唇を離すと、くすぐったいような笑顔でサクラは俺に微笑みかけたんだった。





... 続きを読む

1000年に一度の大地震に見舞われ…
300年に一度の金冠日食を目にすることが出来る。


こんな、出来事が2年連続で起こるなんて、すごい時代に生まれてきたもんだ。



俺なんて…悠久たる時の流れの中で、本当に気まぐれで生かされてるだけの存在なんだろうなと。


そんなこと考えてたら…


*借りてたDVDの延滞しちゃったこととか、

*禁煙に早くも失敗したこととか、


別にどうでもいいことのように思えてきたよー!はっはっはっは!


あー、大したことなくてよかった(●^ω^)←ポジテブすぐるw


ってことで、今日も暢気に参ります。暢気についときとくれよっ?(´・ω・`)



... 続きを読む
おひさしぶりですっヾ(*´∇`*)ノ 



ハルキです。うん!大丈夫大丈夫!俺元気ですからっ



…え?何?



誰も心配してないって?




いや、ちょっとくらい心配しよーよ。ねぇ?←厚かましいw



…なんて、どーでもいい話は置いて。



前回の更新からちょっと間があいてしまったので、簡単なあらすじを付けとこうかな。



(前回までのあらすじ)
サクラは普段はパリっと秘書のお仕事をしてる23歳の彼氏と同棲中の女の子。そんなサクラとmixiを通じて…



と思ったけど、あらすじにすると、3行くらいで終わりそうで、今まで7話も書いてきたのがなんだったんだよって言われそうな気がしたのでやっぱりやめるわ(笑)



どんな話しなのか気になる人は、


サクラ[23歳/秘書]-ケツベツという始まり方-Vol.1~7
http://halunote3.blog22.fc2.com/blog-category-26.html 



からバックナンバー見れます。



では、そろそろ佳境に突入するので…テンションをシリアスまたはエロモードに戻して、お進みください。



************
 

店を出ると割とすぐにタクシーは捕まった。ドアが開いた後部座席に、サクラを奥にして乗り込むと、ドライバーさんに




「○○駅までお願いします」



と行く先を告げた。








... 続きを読む
************

知り合ったばかりの男女が、互いの唇を近づけ、次第に距離を近づける瞬間。



それは、周りの世界と隔絶された、別次元へ舞い込む瞬間に違いない。



周囲のノイズが遠ざかり、鼓動が高鳴り、そして、時間がゆっくりと流れ始める。



相手がおもむろに瞳を閉じるのを見届けると、自分もそれに習って目を閉じる。



…あとほんの僅かな時を経て、唇が交わるであろう、その刹那は、まるで絵を切り取ったみたいに、新しい時間軸に突如存在し始めるようだ。



それは、ほんの一瞬でありながら、切り取られた刹那の記憶は永遠のように、そこからピタリと時間の流れを止め留まる。



俺が思いだす、その瞬間は、今でも色褪せることなく、いつだって甦るんだから。



そして、一度、触れ合ってしまった唇は、止まらない。



むしゃぶりつくように互いの口を吸い合う俺とサクラ。



舌はおろか、まるで吐息まで絡まりあうように、僕らは激しく、キスをした。




... 続きを読む

…恋をして、終わりを告げ、誓うことは、これが最後の Heart Break。



この歌、まじで本当に好き。



そもそも、この歌を歌ってらっしゃるアーティストさんも大好きなんですけど、なにしろ、この歌が好き。



メロディ聞くだけでも、キュンってなる←誰もきいてないw



ということで、そろそろ桜の季節も終わりに近づいてきてますが(関東地方は)、サクラとの話しはもうちょっとだけ続きますので、その辺は、大人な対応でスルーくださいませ(笑)



************


サクラの話しを聞く俺。



想像してたよりも、ずっと怖い話しだった。








... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。