FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************

夕方から降り始めた雨は、夜の8時を過ぎて多少雨足の弱まりを見せたが、それでも止むことは無かった。ふと目線を上げて、外の景色に目をやる。電車の窓ガラスに滴る雫に反射するネオンが飛び込んできて、僕の視界を滲ませる。しばらく何も考えずに、外を見ていて、そして、また持っていた本に視線を戻す。

『そういえば』と、僕はちょっとした既視感をおぼえる。

…少しだけ考えて、僕は本を閉じ、読んでいた本の背表紙に目をやり、その本の作家の著書欄に目をやる。そして数行目で目を止める。

それはあった。タイトルに導びかれた物語が僕の脳裏を過ぎり、疾風のように一服の清涼感を残して、駆け巡り、やがて消え入った。



…僕はその疾風から連想された思い出の存在を無視できなくなり(その思い出は瞬くまに僕の中を一杯に満たし始めた)本をそのまま鞄に入れ、再び電車の窓ガラスに視線を移した。薄ぼんやりと…春の雨の雫の一粒一粒を、散らばるネオンの一つ一つを、まるで、数年前の春の夜の思い出一つ一つに見立てるようにして、僕は彼女との記憶に包み込まれていった。


* * *

足早に行き交う人波は、四方八方からやってきては、交錯し、八方十六方に散っていく。数知れない膨大な量の人の意志が集積するの中で、ただ1人、僕と全く同じ意志を持つ女性を僕は探しながら、僕は駆け足にエスカレーターを駆け上がる。


僕はキミに電話をすると、キミはすぐに出てくれた。僕は、何時間も待たせてしまったことを詫び、そしてどこにいるのかを確かめた。

キ「…みどりの窓口の近くかな?」

僕「みどりの窓口、みどりの窓口…」

そう繰り返しながら、僕はキョロキョロして、緑の窓口を探す。そして、左斜め前方に、大きなみどりの窓口をみつけ、

僕「あっあった!じゃあ、てか、すぐ着くよ。スーツ着て、春なのにストール巻いてる不審な奴が僕です(笑)」

キ「あはは(笑)早くきてぇ~!!笑」

…そういって電話を切ると、僕は人波を縫うように、みどりの窓口に向かって歩いていく。程なく時計台の下にいる女性に遠巻きに近眼ながらも、気が付いた。伝え聞いていた服装どおりのキミは、どこか所在無さ気で、それでいて、どこか大人びていた。

僕は歩く軌道を修正して、キミの真正面に移動する。君も正面からまっすぐに自分に向かってくる不審な男の存在にすぐに気づき、僕を見る。僕は20mくらい手前から、少しだけ会釈をすると、不安そうだった顔は、すぐにぎこちない笑顔に変わり、そして僕もぎこちなく歯を見せる。

目の前まできて、改めて

僕「はじめまして。ハルキです。」

キ「あっはじめまして、キミです。てか、ホンマのハルちゃんやぁ~!!!」

関西特有のイントネーションとスピード感でキミは言った。そして、キミのいきなりのはしゃぎっぷりに、僕はあっという間に相好を崩して、笑った。すると、キミも「アハハハ!!」すぐに笑った。

僕「んーと…じゃあ、行こうか?」

といって荷物を持っていない側に立って、荷物を持っていない側の手の近くに僕の右手を差し出すと、キミはちょっとだけザラついた手で僕の手の平を握ってきた。

キ「ハルちゃんの手温かい(笑)」

僕「ごめんね…待たせちゃって…」

キ「ううん。こっちこそ、平日に時間作ってくれてありがとう」

健気な様子でキミが僕の方を向いてそうやってつぶやいた。僕はちょっとだけ見下ろすようにキミの横顔を見る。愛らしいおでこと唇にが目に留まる。ちょっと笑って

僕「何言ってんの!!遠いところ、こっちこそありがとう」

そうやって、ちょっとだけ強く手を握った。

相も変わらず、足早に行き交う人波は、四方八方から交錯し、八方十六方に散らばっていくようで、この巨大なターミナル駅の中は、まるでグランドラインのように、次々に進路を変更しなければ、はぐれてしまいかねない。僕はせっかく見つけたキミを、離さないように、手をしっかり握りしめながら、歩様を合わせるように歩き始めた。


僕らは手を繋ぎ、駅の構内をゆっくりと歩き、外に向かう。何度か電話で話をしたことがあったのと、キミの人懐っこく社交的な性格のせいか、会話は澱みなく続き、

僕「どう?東京は?笑」

キ「うん。人がみんなメッチャ歩くのが早い!!笑」

僕「そっちは喋るのが早いよね?笑」

キ「あっそうかっ!そう言われるとそうやんな~笑」

僕「まぁ俺もどっちかっつーと早口だから、心地よい速さではあるけどっ」

キ「ほんまにぃ~?そう言ってもらえると、嬉しいわぁ~」

そんな話をしながら、キミの手を引き、僕は駅の構外へと出る。外は春の訪れを告げるような、雨が降っていて、キミは傘をもっていなかったので、僕がさっき買ったビニール傘にキミを招き入れる。

決して大きい代物ではないので、自然と肩を寄せ合うようにして、横断歩道の上を歩く。眼下の第一京浜上には、行き交う車に灯った明かりが、雨に滲んで幻想的な色彩を僕らに映し出していた。

僕はキミの肩が濡れないように。キミは僕の肩が濡れないように、互いに傘の外に外にでるもんだから、横断歩道を渡り終える頃には、結局2人とも濡れてしまっていた。

そのまま、キミを連れてホテルに入る。チェックインは既に済ましていて、そのままロビーを抜けて、エレベーターを待っていると、丁度キミと同い年くらいの若い女の子達の3人組と居合わせた。

僕は頭の中でキミをその3人組みの中に加えて4人組にしてみた。…この中にいたら、間違いなく、浮いてしまううことになるだろう。容姿面でキミが一番可愛いのは別にしても、服装やメイクに違いは見られない。それでも、やっぱり、キミが際立って見えるのは、やはりキミには、大人びた雰囲気を醸し出させる何かがあるのかもしれない。

エレベーターが目的の階に着く。キミを先に降ろさせて僕もすぐに後を追う。この階で降りたのは、僕とキミだけだった。キミの手を取り、絨毯で敷き詰められた廊下を僕とキミは無言で歩いた。

いくつもいくつも区切られた個室のドアを通り過ぎる。そのドアの中には、それぞれに、悲喜交々なそれぞれの思いがあることは容易に想像できる。それでも、同じデザインで違う番号が刻印されてるだけで、一見すると他の部屋との区別などは付かない。そして、当然、僕らもその一つに過ぎない。

そんなことを考えてると、やがて、僕らの部屋の前に来た。

キミは緊張の面持ちで、僕のそばに立っていた。僕はちょっとだけ微笑み、財布から部屋のカードを取り出す。カードを差込み、ドアの取っ手に手を置いた。カチャと小さな音がカードの識別を終える合図をしてくれた。僕はゆっくりとドアの押し開く。


ドアが開く。いや扉が開く。魔法の扉。
少なくとも今宵に限っては。
少なくとも、僕らにとっては。
日常と非日常を隔て、僕ら2人を1つの存在たらしめる魔法の扉。

僕とキミの思い出を紡ぎ出し始めるこの扉は、開け放たれ、あっという間に、僕ら2人を飲み込むと、そして閉じられ、カチャっというオートロックの音をほのかに響かせて、何事もなかったかのよう、再び、堅く閉ざされると、また何百個も存在するドアの中の一つドアに戻っていった。



…ここから先は、僕と君だけの記憶だね。それはそれでとても大切にしてきたけれど、それでも、僕は自慢をしたいんだ。君と合えた喜びを、君の素敵さを。だから、そろろみんなに教えてあげてもいいだろう?ねぇ?キミ?


つづく


******************************
******************************

話し声や笑い声、従業員の挨拶に加えて、店内のBGM、に食器が擦れる音など、ありとあらゆるガヤガヤとしたノイズだらけの空間は・・・

まるで密室のように僕らを親密にさせていく。


僕とキミは、一度、ホテルの部屋に入り、そしてすぐに荷物を置いて、ロビーに下りた。そして、(ホテル内にあり、そのまま直結でいける)レストランで食事を取っていた。


薄暗い照明は、僕らの周囲への警戒を和らげ、そして騒然とした店内は、僕達がどんな話をしようとも、それを他人に漏れ聞かれる心配をなくさせた。そういう安心感からか、または時間を気にすることのない余裕からか、ゆっくりとした気分で、互いの話に耳を傾け、そして、自分の話を嬉々として話していた。


キミは、学生の傍らで、普通の子とはちょっと違う肩書きも持っていて、その事に少なからず関心をいだいていた僕はとても興味深くその話を聞かせてもらったりもした。


このくだりは、僕らにとってとてもプライベートな話なので、どういう会話をしたかを書くわけにはいかないので、その代わりといってはなんだが・・・僕とキミが、この時、こうしているのに至った経緯を少しだけ。


キミは、僕の日記の中にある、僕の昔の彼女との話(-ビビッドなセピア色-Vol.1~5)を掲載したのを読んでくれて、「涙が止まらなかった」といった内容のコメント?メッセ?をくれたがキミだった。

僕の中ではあまり明るい話ではなく、自分の中で凝り固まったシコリのような記憶だったので、こうした共感を得られたことは正直とても意外なことだった。


だからという訳ではないが、その事は僕にとっては嬉しいことで、キミへの好意を増させたことは少なからずあったように思う。

また、好きな本の話から他愛もない日常の話など、価値観やテンポがとてもよく合っていたのも手伝って、僕とキミは急速に親密さを増していった。


しかし、キミはとても忙しく、また容易に時間を作れる立場では無かったのに加え、互いが住む街が遠く離れていたことから、僕たちが会うことは無いと思っていた。

少なくとも、キミから勇気ある提案をもらうその時までは。


僕らがメッセを交換するようになって1ヶ月をすぎた頃、キミから

『東京に行ったら会ってくれますか?』

というメッセが届いた。

…正直、心が躍った。

「もちろんだよっ!!」

しかし、一抹の不安がないわけではなかった。

年度末、そして新年度が一緒にくるこの季節はやはり多忙を極めるから、キミがこちらにこれる日が、必ずしも時間を作れるわけではなかったからだ。

そして、僕は恐る恐る、キミに伺いを立てる。

僕「もし、来れるとしたら…いつくらいなの?」

こう聞いた時点で、僕が時間が作れる日は、殆ど用意されていなかった。一縷の望みをかけて、キミに聞いた。

キ「…ん~4月に入ってからで、学校が始まる前がいいなぁ~」

僕が時間を作れる日も当然4月に入ってからだったので、僕は意を決して、

僕「○○日ってどう?」

と確認をした。すぐにキミは

キ「○○日…?分かった!ちょっと確認してみる!!」

そういって、しばらくしてから

キ「ハルちゃん!!!○○日大丈夫だよっ!!!」

…僕は、再び、いやまじりっけ無しで、心が躍り始めた。

こうして、僕とキミは、春の…関東では、薄紅色の花びら、色めきそして、一旬の彩を、誇らんばかり咲き乱れる頃に、会うことになった。

僕らは、素直に会えたことを喜び合い、そして、届いたグラスで乾杯をした。そして、オニオンリングや、海老のサラダなど、次々と運ばれる料理を平らげながら、僕らは少しずつ打ち解けていく。

キミはとても聡明な女の子だった。自分の思っている事をきちんと言葉に出来ること、そして、それらをそのまま吐き出す前に、自分の中でろ過をして、相手を不快にさせない配慮をしてから、口に出すこと。また、物事にきちんと価値観をもっていて、それと照らし合わせながら物事の分別を行なっていくこと。

僕がキミの年の頃には持ち合わせていなかったバランス感覚をキミは既に兼ね備えていた。僕が感じた、キミの大人びた印象は、こういう部分に寄る所が大きい気がした。


そのようなスマートな前提に立った上で、軽やかに交わされる言葉のやり取りは、やがて心地よいリズムを生み出し、コミュニケーションの濃度が増してゆく。僕はキミを知り、キミは僕を知る。そして、その濃密なコミュニケーションは、キミを知ることへの渇望を僕にもたらした。

もっと深く。

もっと濃密に。


…僕は、テーブルの上にあらかた片付いた料理の皿に一瞥して、

僕「じゃあ、そろそろ、いこうか?」

魔法の扉へキミを誘った。


キ「…うん。」

キミは満面の笑みで、僕に言う。


会計を済ませ、キミに手を差し出す。差し出した手に、微かな温もりを感じ、やがて指が絡まり出す。キミの温もりに呼応するように、僕は既にキミを抱きたくなっていた。中々来ないエレベーターに苛立ちを覚えながら、それでも、期待に鼻の穴を大きく膨らまし始めていた。



つづく

******************************


ひっさしぶりの更新になっちゃいましたねっ(笑)

色々やっぱり年度末、新年度はバタバタしますわ~

とはいえ、色褪せることのない、キミとの話ですので、時期はちょっと外れてしまいますが、これから更新していきたいと思います。お楽しみにっ!!

******************************

僕はキミの手を引き、部屋に入ると、僕らはやっぱり少しだけ緊張していた。防音がしっかりされているのか、音は殆どなく、そして、高層階であり、扉を閉め切ると、密室といっても差し支えない。

そして、密室であることと、些か逆説的ではあるが・・・

そこはとても解放的な空間でもあった。誰の目を気にすることなく、己をさらけ出せる場所。キミを取り巻く、普段の環境からは完全に隔絶されたそこは、キミにとっても僕にとっても、解き放たれた場所に他ならない。

そんな場所に、君は緊張、期待、恐怖、高揚色々な感情をその中に渦巻かせながら、僕に手を引かれて、立っていた。

キミを見る。俯きながら、目のやり場に困ったように下を向いていた。僕は、キミと向かいあい、手を繋いでいた。そして、キミを見る。固まった表情を綻ばせながら、ぎこちない笑顔を僕を見る。無言で見つめあいながら、無言のやり取りが交わされる。

そのやり取りを経て、目を閉じるキミ。



瞳を閉じたキミに化学反応をするように、キミに顔を近づけ、一、二歩キミに歩み寄り、腰に手を回しながら、君の唇に吸い付く僕。

チュッ…

唇が触れあい、柔らかな感覚が僕の唇に伝わる。

チュッ…チュッ…

フレンチキスを数度、繰り返し、そして、舌を滑り込ませる。すぐにキミも舌を絡みだす。

ゆっくりと、優しく舌を絡ませ始める僕とキミ。

ジュッ…ジュルっとキミを吸った。そして、僕は目を空けて唇を離す。キミをうっすらと目を開ける。そして目が会い、はにかみながら笑う。

キ「「…はぁ~ドキドキする…。」

そういって、一瞬の安堵の表情を浮かべるキミ。心なしに、顔が紅潮していて、うっすらと浮かんだ薄紅色の頬が愛らしい。その愛らしさに惹かれるように僕はキミをまたギュッと抱きしめながら耳元で

僕「…ずっとこうしたかった…」

と囁いた。

キミも頷くように少しだけ頭を動かして、

キ「うん。あたしも…」

と僕の耳元でつぶやいた。

僕はもう一度、ギュッとキミを抱きしめる。しばらく抱擁をしていたが、「そういえば…」とまだ部屋に入って上着すら脱いでいなかったことに気づき、キミを抱きしめる手を緩め、もう一度離れ際に、チュッとフレンチキスをして僕は上着を脱ぎ始め、そして、クローゼットに向かって歩き出した。


上着を脱いだり、手を洗ったり歯磨きをしたりしていると、キミはニコニコしながら僕の横で歯磨きを始めた。しばらくして、顔を洗ったりしていると、先に君は椅子に座って僕を待っている。

僕は洗面所から戻り、冷蔵庫から水を取り出して、グラスを二つとって、ペットボトルの蓋を空け、グラスに注ぎ、キミが座っている前に置きながら、僕もソファに腰掛ける。

キ「ありがと~」

僕「どういたしましてー」

そういいながら、僕はキミを見る。キミも潤んだ目で僕を見る。言葉は無い。でも殺伐とした空気ではなく、とても暖かでフワフワとした時間。胸を苦しく圧迫するような感情は加速し膨張する。

2人で見つめあい視線は逸らさない。逸らせない。逸らせるはずもない。僕達は、磁場を形成しあった磁石のようなものだ。
脳裏にかすめるさっきのディープキスの様子。キミの舌の柔らかさ、温もり、湿り気。全てかあっという間にフラッシュバックさせられる。

…グラスの入った水でもう一度乾杯。

コツン…

これは乾杯ではなく、合図。始まりの合図であり、解放の合図。

僕は口をつけずにグラスをテーブルに置き、解き放たれ、解放された僕の手は、キミに向かって伸びていく。

そして、キミの頬に右手を触れさせ、温もりを感じる。そして、耳の後ろに髪を掻き分けるようにして、そっと手を忍び込ませる。そのまま僕はキミの頭をそっと支えるようにして、顔を引き寄せる。キミは体を前に乗り出し、僕にされるがままに、顔をこちらに近づける。キミの目は閉じられた。


…チュッ…クチュッ…

キミの舌の動きがいやらしくそして、そして、濃密になっていく。

僕は、互いに次第に解き放たれていくのを感じていた。しばらくキスを交わすと、僕はソファに座るキミの足元に移動し、そしてひざまずくように、キミを見上げる。

キミは濡れそぼった、口を半開きにして、物欲しそうな目で僕を見下ろす。

…やめてくれ。

そんな表情はよしてくれ。


・・・欲情しちまうじゃねーか!!!


僕は体を起こして、ミニスカートを穿いたキミの足の間に体を滑り込ませて、キスをする。キスをしながら、両手でキミの太ももの内側に手を触れさせる。

汗で湿った感覚。くすぐるようにそっとそっと内側を撫でるたびに、体をビクンッ震わせながら、舌を動かすキミ。

舌をねっちょりと絡めて、ゆっくりとキミに舌先の柔らかさを堪能する。舌で口内を探索する。舌の根元からすぅーっと舌先に舌を這わせ、そして、そのまま歯茎から歯の裏まで隅々まで嘗め回す。

チュ…チュっクチュ…びちゃびちゃ

唾液でびちゃびちゃになりながらも、髪を掻き毟るように互いを求め合い、そして吸いあう。

そしてその一方で僕の手は、キミの太ももの這い回る。手の甲でキミの秘部を下着の上から触れようものなら、キミはビクンと体を震わせ、僕に口を吸われているにも関わらず、

キ「あふぁん・・」

といやらしく、しっとりとした声色を上げる。

淑女のように落ち着き、溌溂としたキミの別の一面が段々と露になってくる様は僕に愉悦をもたらした。我ながら、意地悪だなと思いながらも…淑女のようなキミを娼婦のように淫(みだ)らに、そして、猥(みだ)らに変えていくことに僕はワクワクとしながら、キミを乱していく。

焦らしながら、濃密に、濃厚に愛撫を続ける。吐息が湿り始め、そして声色が猥らな艶を帯び始める頃になると、キミの秘部は、パンツの上から触っても分かるくらい濡れしまっていた。

…そして僕はついに、湿潤の中心部である、目の前に薄布で匿われた秘部にその歯牙を向ける。僕はキスをするために起こしていた体を戻し、再びキミの足元にかしずくように座った。

僕はキミのつま先に両手を触り、そしてニーハイで覆われた足をつま先からすぅーっと撫でるように視線と共に手を這わせていく。そして、肌が露になる太ももに来ても僕の手は止まらない。そのままスカートの中に手を入れ・・・僕は先ほどからチラついているキミの薄紅色の下着に手を掛ける。少しだけビクッとした君。そんなキミの様子に僕は愛しさを覚えながら、それでもキミを更に解き放っていくための僕の手は止まらなかった。

シトシトと降りしきり、窓を濡らす春雨がとてもシンボリックに僕らを彩り始めた。


つづく


******************************
******************************

半裸でソファに座る僕の足元にしゃがみこんだキミは、上目遣いに、乞うようにして僕を見る。

その無言の哀願に僕は軽くうなづき、許可をする。すると、キミは腰に巻いてあるバスタオルを外し露になった僕の性器をまじまじと見つめ、そして愛おしそうに手に取った。右手でそっと握り、キス何度か繰り返し、そしてそのままそっと口に含んだ。すると瞬く間に隆起する僕の肉棒。

口の中で肥大化していくソレをすぐに口から出し、キミは

キ「おっきぃ~い・・・」

とつぶやいた。





... 続きを読む


******************************

ふと目をやった窓は依然として雨が打ちつけられている。

シトシトシト…

カーテンから覗く、月明かりの無い暗い夜は、僕が目の当たりにしているこの光景のように、暗く、そして濡れていた。




... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。