FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので今年度も、いよいよあとわずかとなりましたね~。



この3月、4月っていうのは、ある意味、区切りの季節でもあるよね。



とてもありふれた言い回しになるけれど、“出会いと別れの季節”っていうやつだろう。



桜の花に象徴されるように、何か切なさを感ぜずにはいられない。



でも、決してそれだけじゃなくて、その切なさの中に、凛として、そして、柔らかで、暖かな希望を伴ってもいる。



そんな季節が…あっども。お久しぶりの春キです←久しぶりな分、超絶自己アピールw



いきなり、どうでもいいような話をすると…



前回の日記の更新で話が完結した後、ものすごい勢いで俺の中に【やりきった感】が広がってしまっていて(笑)



すっかり日記書くことから遠のいていたんだけど、そろそろまた新しい話を書きたくなってきたので、ぼちぼち更新を再開しようかと思った今日この頃だったりします。



※久しぶりにこのブログにログインしたわけですが、訪問者数が一桁になってるのに驚いて、日記書き始めたとかじゃないんだからねっ(´;ω;`)←



でもまぁ、きっとそうやって新しい何かが俺の中に萌芽し始めたのは、季節が長く、厳しい冬から、移ろい始めてることと、少しだけ関係があるんじゃないかなと思ったりするんだけど。



読者の皆さんはどうだろう?




何か、こう…己の中から湧き上がってくる、瑞々しさというか、力強さというか、そういう筆舌しがたい何かの存在を感じられたりしたのなら、それはきっと気のせいでも、思い過ごしでもなく、ちゃんと何か形を成そうとしてる何かなんだと俺は思う。



それをどうするかは、当然各人の自由であり、そうしなければならないなんて決まりはないんだけどさ。



まぁ、この季節ですから、何かを始めるにも…もちろん終わらせるにしても。



行動を起こすのは、すごくいい季節だと思うんだよね。



だから、もしかしたら、そういう自分の中、奥底にひっそりと芽吹く何かに気づけた人もいるかもしれない。



…とまぁ、今回はそんな前振りをしてみたわけだけど、



今回の日記に出てくる女の子も、



そういう自分の中に、ふと芽生えた感情を―今までも何度もその萌芽を感じていたのにもかかわらず、封殺していた想いを―行動に移した話…だったりする。



もし、日記に出てくる彼女と同じように…何か自分の中に芽生えた感情や、願望の存在に気づいた人がもしいたら



この日記の結末を見届けてもらって(それでも遅くはないとおもうので)



何か感じ取れることがあったなら是非行動に移してみてはどうだろう?



人をインスパイアできるほど、大した文章ではないのは、俺自身重々承知しているところではあるものの、奇跡的にもこの日記が、行動を躊躇ってる人の背中を一押しする結果になればとても幸いだ。





... 続きを読む
****************


『いきなり、ごめんなさい。でも、ハルキさんの話をきいてもらいたくて。お忙しいとは思うので、もし時間があったら結構ですので、良かったら相談にのってもらえませんか?あっでも、面倒だったら、全然スルーしてもらって結構です(汗)』



サクラからこんなメッセが送られてきたのは、正月気分が抜けて、寒さが一段と厳しくなり始めるそんな季節の頃だった。




幸せなことに、こうして俺のような人間にでも、頼ってくださる人がたまにいる。



生来の女の子好きと、世話好きなのが相俟ってか、この類の質問に俺が実際にスルーすることなんて、皆無に等しい(威張るな)



この時も、当然ながらサクラに返信をした。




『ども。はじめまして。ハルキです。俺でよかったらいつでも、お気軽にご相談くださいっ!まぁ…お役に立てるかは別にして(笑)』




自分でいうのもなんだけど、なんとも軽薄そうな印象を与えかねない返信をしたものだ。




... 続きを読む
****************

春先の宵の口。



街は大いに賑わっていた。



季節柄、新しい出会いが日本中のそこかしこで生まれてることだろう。



新入社員の歓迎会と思しき、サラリーマン風情の一団も、学生の集団も、浮き足立った様子で、雑踏を彩っているように感じる。



かくいう俺も、その一人だ。



サクラとの初対面を間近に控え、未だ見ぬサクラの姿をあれこれと想像しながら、タバコの吸い挿しをぼんやりと眺める。



暗い空に吸い込まれていくように立ち上る紫煙は、やがてふっと宙に掻き消え、見えなくなる。



きっと無くなってしまったわけじゃない。



拡散されただけ。



それでも、意識の中から消え、その存在について、忘れ始める。



今思うと…実に象徴的な様子に思えてならない。



人と人との“別れ”というのも、こうやって拡散されて密度が薄まる現象なのではないだろうか。








... 続きを読む


*************

印象と実感のギャップ。




それは、多かれ少なかれ、また良かれ悪かれ、存在するものだと俺は思う。




“想定の範囲外”



一時、この言葉がはやった時があったが、何しろ、元々有能でもなんでもない俺は、想定の範囲内で収まることの方がよっぽど想定外の出来事だよ。こんにゃろー。(←誰に切れた?w)



それでも、その“想定の外”にあることを、楽しむくらいのつもりでいると、割とこの世はドキドキに満ちていたりする。



一体、サクラがどんな嗜好性をもっていて、どんな性格をしていて、どんな悩みを抱えていて、そして、どんな風に乱れ咲くのかなんて…想定することすら馬鹿らしいくらい、未知のことだ。



想定外の出来事は、未知との遭遇であることが多い。




そんな未知の世界を前にした時、何もしないで、躊躇っているより、思いきってその未知の世界に抱かれてみるのもたまにはいいんじゃないかな?



何故って?




何故だろう。明確な誰もが納得できるような理由を俺はもっていないから、“何となく”とだけ(笑)










... 続きを読む
*************

ネオンの中に吸い込まれていった俺とサクラを出迎えたのは…



『いらっしゃいませー!!』



という元気でハキハキとした掛け声だった。



『こちらを記載して、お待ちくださいっ!』



そう言われるがままに、名前と利用時間と俺とサクラの年齢を用紙に記入すると、俺とサクラは、店内の片隅で名前を呼ばれるのを待つことにした。



そう。俺とサクラは、カラオケボックスにきた。







…え?誰ですか?



ラ○ホにいったんじゃないのか?とか言うのは。



あのねー。いくら、俺があれだからって(誰がどれだって?w)



そんなよく知りもしない女の子を、そんないかがわしいとこに連れ込むわけないじゃないですか。まったくもう(。-`ω´-) ←盗人猛々しいとはこのことw




っていうのは、まぁ、冗談ですけど、なんていうんだろ。



この時、多分俺は、サクラを抱きたいって思ってなかったんだと思う。



勿論、前述の通りで、サクラを魅力的に感じていたとは思う。



ただ、それだけで、欲情するってわけでもない。



ずいぶん、かっこつけた言い方をすると、自分の中で、“俺がサクラを抱く理由”っていうのを、明確にしたかったのかもしれない。







自分で言っといてなんだけど、なんとまぁ詭弁臭がプンプンすることw



いちいち、そんな事を考えてるわけじゃないし、実際本能のままに口を吸い、体を重ねることの方が多いけど(笑)



ただ、俺の意志だけじゃなくて、サクラの意思…つまり“自分がこの男に抱かれる理由”っていうのもこの場合とっても重要なことでね。



結果的に、このカラ屋の個室の中でそれが明確になったわけだから、俺の判断は間違っていなかったのかしれない。



ってことで…とにもかくにも、俺とサクラはカラオケに河岸を移し、個室に案内をされると、成分が極めて薄いアルコール飲料で、再び乾杯することにした。






... 続きを読む

…恋をして、終わりを告げ、誓うことは、これが最後の Heart Break。



この歌、まじで本当に好き。



そもそも、この歌を歌ってらっしゃるアーティストさんも大好きなんですけど、なにしろ、この歌が好き。



メロディ聞くだけでも、キュンってなる←誰もきいてないw



ということで、そろそろ桜の季節も終わりに近づいてきてますが(関東地方は)、サクラとの話しはもうちょっとだけ続きますので、その辺は、大人な対応でスルーくださいませ(笑)



************


サクラの話しを聞く俺。



想像してたよりも、ずっと怖い話しだった。








... 続きを読む
************

知り合ったばかりの男女が、互いの唇を近づけ、次第に距離を近づける瞬間。



それは、周りの世界と隔絶された、別次元へ舞い込む瞬間に違いない。



周囲のノイズが遠ざかり、鼓動が高鳴り、そして、時間がゆっくりと流れ始める。



相手がおもむろに瞳を閉じるのを見届けると、自分もそれに習って目を閉じる。



…あとほんの僅かな時を経て、唇が交わるであろう、その刹那は、まるで絵を切り取ったみたいに、新しい時間軸に突如存在し始めるようだ。



それは、ほんの一瞬でありながら、切り取られた刹那の記憶は永遠のように、そこからピタリと時間の流れを止め留まる。



俺が思いだす、その瞬間は、今でも色褪せることなく、いつだって甦るんだから。



そして、一度、触れ合ってしまった唇は、止まらない。



むしゃぶりつくように互いの口を吸い合う俺とサクラ。



舌はおろか、まるで吐息まで絡まりあうように、僕らは激しく、キスをした。




... 続きを読む
おひさしぶりですっヾ(*´∇`*)ノ 



ハルキです。うん!大丈夫大丈夫!俺元気ですからっ



…え?何?



誰も心配してないって?




いや、ちょっとくらい心配しよーよ。ねぇ?←厚かましいw



…なんて、どーでもいい話は置いて。



前回の更新からちょっと間があいてしまったので、簡単なあらすじを付けとこうかな。



(前回までのあらすじ)
サクラは普段はパリっと秘書のお仕事をしてる23歳の彼氏と同棲中の女の子。そんなサクラとmixiを通じて…



と思ったけど、あらすじにすると、3行くらいで終わりそうで、今まで7話も書いてきたのがなんだったんだよって言われそうな気がしたのでやっぱりやめるわ(笑)



どんな話しなのか気になる人は、


サクラ[23歳/秘書]-ケツベツという始まり方-Vol.1~7
http://halunote3.blog22.fc2.com/blog-category-26.html 



からバックナンバー見れます。



では、そろそろ佳境に突入するので…テンションをシリアスまたはエロモードに戻して、お進みください。



************
 

店を出ると割とすぐにタクシーは捕まった。ドアが開いた後部座席に、サクラを奥にして乗り込むと、ドライバーさんに




「○○駅までお願いします」



と行く先を告げた。








... 続きを読む

1000年に一度の大地震に見舞われ…
300年に一度の金冠日食を目にすることが出来る。


こんな、出来事が2年連続で起こるなんて、すごい時代に生まれてきたもんだ。



俺なんて…悠久たる時の流れの中で、本当に気まぐれで生かされてるだけの存在なんだろうなと。


そんなこと考えてたら…


*借りてたDVDの延滞しちゃったこととか、

*禁煙に早くも失敗したこととか、


別にどうでもいいことのように思えてきたよー!はっはっはっは!


あー、大したことなくてよかった(●^ω^)←ポジテブすぐるw


ってことで、今日も暢気に参ります。暢気についときとくれよっ?(´・ω・`)



... 続きを読む

************
 

キスっていう言葉と、ちゅうっていう言葉。


どちらも指す行為は同じでも、響きがまったく違う気がする。


どちらかというと、後者の方が好きな俺。


「キスして?」って言われてもなんとも思わないけど、


「ちゅう…して?」って言われると、キュンとする。



ん?なんの話しだ?(笑)


あぁそうだ。


サクラと俺のちゅうの話しね。


そうそう。たしか…


ちゅゅゅゅゅぅ…って、サクラと唇を合わせ、やがて唇を離すと、くすぐったいような笑顔でサクラは俺に微笑みかけたんだった。





... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。