FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************

ナ「恥ずかしいよぉ…( ノД`)」

そういって、中々顔を覆う手を外そうとしないナミ。

そしてせっかく全開に開いているお股も閉じようとしている。

そうはさせじと、僕は後ろからナミ腰をカニバサミするように足を回して、ナミの太ももの内側に足を持ってくる。

こうなってしまうと、ナミが自力で足を閉じておま○こを隠すことは不可能になった(笑)

 
ナ「あーあー!いやー!はずかしぃよぉ~…」

そう、ナミはしきりにわめいているが、確かに全裸状態で、更におま○こを大開帳している(しかもグチュグチュ)状態では仕方ないかもしれない。因みに僕が一切服を脱いでいない状況も、ナミの恥辱感を増進させているに違いない。

 
僕「いいから、手どけなよ。そうしないと…あそこ丸見えだよ?」

と意地悪く言ってみた。

ナミは慌てて急いで右手を股にもっていった。すると、ちょっとだけ空いた隙間からナミと鏡越しに目が合った。

恥ずかしそうに顔を赤らめながら、目をウルウルさせている。

 
僕「ちょうどいいじゃん。じゃあ、ちょっと指入れてみようか…」
 
ナ「…」

 
僕「左手は、そこじゃないだろ?」

といって、ナミの顔を覆っていたもう片方の手を、ナミに乳房もっていった。

 
ナ「あん…」

自分で触っているのに、喘ぎ声が漏れてきているナミ。もう完全にエロモードに突入しているのが伺える(笑)

 
僕「じゃあ、指示出してあげるから、自分でするんだよ…」
 
 
ナ「…うん」と小さく頷き、「はぁ…ハァ…」と呼吸が荒くなってきたナミ。

 
僕「じゃあ、いつもやってるようにまずはオナニーしてみてよ?」

そういうと、ナミは人差し指と中指で恐る恐るクリを刺激し始めた。ナミがクリを刺激するたびに、テカテカした光沢が鏡に映る。僕に膝を抱えられて股を開き、その中心部に光るテカテカした穴に吸い込まれそうなナミに指。

…恐ろしくいやらしい光景。

ナミもいつのまにか、鏡から視線を外せなくなっている。僕がニヤニヤと見つめるのも気付かずに、夢中でオナニーに耽っている。

最初は恐る恐るだったクリへの刺激も、すっかり荒々しい所作へと変わっている。

人差し指と中指を小刻みに震えさせながら、クリがもげるのではないかと思うほど、激しくクリを刺激している。

ナ「あ…っう!あっあっあっ…ぅ…」

と何かよく分からない言葉を口にしながら、ナミは夢中で恥部の刺激に没頭する。

僕「すげーな。そうやっていつもオナニーしてるんだ?」
 
また意地悪くナミに質問すると

ナ「…そんなに…あっ…い、いつも…あっ…して…な…あっ」

質問に答えながらもオナニーをやめようとしないナミ(笑)

僕「おいおい、このまましてたらイッちゃうんじゃないの?」
 
ナ「えぇ?イッちゃ…だ、だめ?はぁはぁ・・・」

僕「自分でイクのと、俺にイカされるのとどっちがいい?」

ナ「そんな言い方しないで…ドキドキしちゃうよ~」
 
僕「だから、どっちがいいの?」

ナ「ハルキ君にいかされたい」

僕「イカされたい?」

ナ「イカされたいです…。」

そういうやりとりを経て、ナミの両手を僕の首の後ろにまわさせた。

僕は両手で膝を持ち、股を開いた。

ナ「はぁ・・はぁ…」

ナミの息遣いが荒い。股の内側をさすりながら、徐々に中心部に手が近づいていく。

ナ「はぁ…はぁっ…あん…」

ナミの期待と僕の愉悦は高まり続けていく。


つづく


******************************
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://halunote3.blog22.fc2.com/tb.php/11-66a10d7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。