FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************

ピチョ…ピチョ…

マ「ぁん…ぁっ…ん」

僕はゆっくりとマイのま○こを舌で愛撫し始めた。
最初は足の付け根から。少しずつ、中心部に向かっていく。

徐々にマイのま○こ湿り気が出てきた。

マ「…ぁん…はぁん…」

チョンと舌先で、外側の陰唇に触れてみる。
 
マ「っぁんっ!…」
いい反応(笑)

今度は、唇をつかって、マイの外側のビラをハムっってつまんでみる。

ハムハムしながら、舌でそのビラをそっと撫でながら、舌先をビラの内側に滑り込ませた。
ヌメリとした粘膜の感じを舌先で感じた。

マ「ぁぁっん…」

そのまま、溝を舌ですくう様に舐めあげる。

…ピチョン。

マ「あっ…」

…ピチョピチョピチョ…

マ「あっあっあ」

ちょっとずつリズムを早くしながら、舌を動かし続けると、マイの腰がクネクネと動き始めた。クネクネしてる腰を押えて動かないようにして続けた。

…ピチョピチョピチョ…

マ「あっ…あん…あん…」

舌の動きはそのままにして、指を使ってマイのま○こを押し広げる。

そして、そのまま人差し指と中指でクリの周りを挟むようにして、ムニュリと押す。すると、クリがプクリと顔を出した。

チロンと舌先でそっとクリを舐め上げる。

マ「あぅん!…」

腰を押さえているのをはねのけんばかりの勢いでマイの腰が波打った。タップリと唾液をつけて、摩擦を弱くしてから、今度は、チュパチュパとクリをそっと吸い上げる。

チュパチュパ…チュパチュパチュパ…チュパチュパチュパチュパ…

マ「あ…あ…ぅ…あっ…あっ…ぁっ!!アッ!!」

ジュパァァァァと強く吸い上げた時、

マ「アッ!ダメダメダメ…!ダメだめイッちゃう!」

まぁそう言われて止める訳もなく(笑)
 
ジュパッジュパッジュッパっと吸っていたら、ビクンっビクンっとマイの体が震えた。
 

マイがイッたみたいだったので、刺激を弱くして、ペロペロって舐めていると、

マ「はぁ…はぁ…すぐイッちゃった…(笑)」といって屈託のない顔で笑った。

僕「…気持ちよかった…?ペロペロ」とクンニを続けながら話す俺(笑)

マ「…うん。ってかくすぐったいよ~(笑)気持ちイイけど…っあ…」

刺激を与えるのを止めないまま、僕は体勢を変える。

マイの横に体を持っていき、人差し指をチュプリとマイのま○こに入れた。

トロトロっとしていて、すんなりと、第一関節まで埋まってしまった。そのまま第一関節を固定して、ゆっくりと出し入れをする。

チュプ…チュプ…

マ「あっ…ぁっ…」

もう、感じ始めているマイ。

中で指をグリグリとかき回すように円を描いて刺激を与える。

チュプ…チュプ…チュプリとちょっとだけ深く指を入れて、第二関節まで指をマイの中に埋める。
 
マ「あ…ぅ…ハァ…」

指を鉤爪のように固定して、フックをかけるようにして、マイのま○こを出し入れすると…

マ「ぁっ…あっ…アッ…」

と泣き声がまた湿っぽくなってきて、マイのま○こから

クチュクチュクチュ…と愛らしい液体が勢いを増して湧き出してくる。

ゆっくりと出し入れする指。

キスをして、オッパイを愛撫しながらも指の動きは動き続ける。

ク・・・チュ…ク…チュ…

ねっとりとした液体が指にまとわり付く。

マイを腕マクラするような形で左の腕をマイの首の下を通し、ゆっくりとチュプ…チュプと、マイへの愛撫を続ける。

マ「あ…ぅ…あん…はぁ…キモチイイ…」

僕「マイが気持ちよくて嬉しいよ~」

マ「はっハルキ君…」

僕「なに~?」

マ「ううん。はぁ…また気持ちよくなってキタヨ~」

僕「そっか…。もうちょっと激しくしても痛くない?」

マ「うん。して。もっとして…」


そうして、そのまま、出し入れのスピードを上げいくと

マ「あっ…あー!!あー!!…」

とマイはまた身悶えだした。


グチュグチュグチュグチュっ
 
マ「あーあー…ぅ…」

グチュグチュグチュグチュっ
 
マ「ヤバイ!キモチイィ!…」

グチュグチュグチュグチュグチュグチュグチュグチュっ

マ「ぁ…ん…ハルキ君…あっハルキ君キモチイイよ~!」

グチュグチュグチュグチュグチュグチュグチュグチュっ

マ「あ、あ、あっ!ダメ!ヤバイまた…あっーーー」

といってマイはまた果てた。

マイのま○こから指を抜き、滴るしずくをシーツで拭いて、全裸で放心状態のマイの隣に僕も突っ伏す。

マ「ってか…あたしエッチ嫌いとかいって、超イキまくってるね笑」

僕「本当だよ(笑)大好きなんじゃないの?」

マ「だって…なんか気持ちよかったんだもん笑」

僕「実際ちょっとホッとした(笑)大見得切った手前気持ちよくなかったらどうしようかと思ってた(笑)」

マ「でも、あたしばっか気持ちよくしてもらってて、ハルキ君はまだ…」

僕「俺?…いや、もう寝ようかと思ってるんだけど…(笑)」

マ「…え?」

僕「マイのことギュッとしながらね♪」

マ「え?いや…でも…したくない?」

僕「ううん。したいよ。笑」

マ「じゃあしよ…♪」

僕「いいの?」

マ「うん。いっぱいしてほしぃ…(〃▽〃)」

ということで…ハメハメタイムに突入♪(笑)マイにゴムを被せてもらって、正常位でとろとろのま○こにゆっくりと挿入。

ニュプッ
 
マ「ぁん…」
 
ってチンコが入ったと思ったら、マイが腰をクイクイと押し付けてくるから、あっという間に奥まで入りそう(笑)

 マ「ぁ、キモチイ…」

僕「ホントだね…キモチイイよ…」

マ「あったか~ぃ…」

僕「マイ…ギュッとしていい?」

マ「…うん…してください」

そういって、正常位で、グググっと奥まで押し込みながら、マイのことをギュッとした。

マ「ぁぁ…ハルキ君…」

僕「なに~?マイ?」

マ「なんか…全体が満たされちゃってる感じがすごい…」

僕「なんか、いやそうだな(笑)」

そういって、また腰をゆっくり動かし始める。

マ「いやじゃないよ~!…あん…ちょ、ちょっと、ビックリしてるだけ(笑)」

僕「とかいって、マイのだってすごいよ~。なんかグニョグニョが吸い付いてきて生き物みたいだもん(笑)」

マ「キャー!恥ずかしいからそういうの止めて~(≧△≦)…あっあん、あん…」

僕「あはは~(笑)なんか感じながら話してるのが色っぽいね(笑)」

マ「あん・・・ってか、エッチしてる最中にコンナに話す人って初めて…あっん…(笑)」

僕「黙ってするのもいいけど、話しながらするのもなんかいいよね?笑」

マ「…あっ…あっ!そこきもちいい!…なんか言った?」

僕「…(-ω-;)話し聞けよ(笑)このやろ。ウリャウリャ!」

といって、マイの腰を浮かすようにして、ポイント攻撃を仕掛ける。

マ「ごめんあっでも、そこなんかそこすごくキモチイ!あっあっあっ…」

僕「じゃあ、ちょっと休憩~」

といって、動かすのを止めて、

マ「あっん…ハルキ君、意地悪だなぁ…笑」

僕「ばれた?笑」

マ「うん。でも、すごく楽しい♪なんかずっとイチャイチャしてるみたい笑」

僕「だろ?笑 俺話ししながらエッチするの好きなんだ~(*´∇`*)」

といって、また腰を動かして、ポイントを責め始めると

マ「あっ…ウン…はぁぁ~あん、あん、私も、好き…あん!」



ってな感じでイチャイチャしながら、エッチをして、ちょっと休憩したりしながら、またエッチをしてとこのあと1時間くらいずっと挿入しておしゃべり&エッチ(笑)しかも正常位のみ(笑)最後は、マイがイッた数分後に、俺も゙ムしたまま、マイの中でフィニッシュ。



マ「こんな楽しいエッチって初めて…(笑)普段からこんなエッチしてるの?」

僕「まぁその人がエッチしながら話すのが嫌でなかったらたまにそうなるね~」

マ「途中からまったく緊張しなかった(笑)」

僕「ドキドキも大事だけど、こういうマッタリしたのもたまにはいいだろ?」

マ「うん。病み付きになりそう…笑」

僕「マイに、またエッチ好きになってほしかったからさ、できるだけ、楽しいエッチしてみた。どう?」

マ「…うん」

僕「…まぁ、俺マクラが悪いことだとは思わないのね。別に」

マ「…そうなの?」

僕「だって、別にそれは仕事の一環だろうしさ。」

マ「…それじゃ、風俗と変わらなくない?」

僕「変わらなかったとしても、別にそれはそれで一生懸命働いてるのは同じでしょ?」

マ「「…まぁね…」

僕「だからってエッチ自体に幻滅するのは止めてほしいなぁ…って思ったわけ(笑)」

マ「…」

僕「お客さんとするのも別にそれは仕方ないことだと思うけど、そんなアンバランスなエッチをしなきゃいけないマイみたいな子こそ、ちゃんとした、エッチもしないとダメだよ。分かった?」

マ「…うん…」と頷くマイ。

僕「よろしい(*´∇`*)♪」

マ「…じゃあ…またハルキ君がしてくれる?」

僕「俺でよかったらお安い御用さぁ~(・∀・)イイ♪」

ってな感じで、ちょっとキスして、イチャイチャをちょっとだけして、昼から用事があったんで、ホテルでて、昼飯くって、解散をしました。

マ「また絶対遊んでよ~(≧▽≦)!」

僕「うん。マクラ無しで指名とったら、お祝いしにくるから教えてね♪」

マ「あはは(笑)わかった~!」

そういって、マイと別れて、2週間にマイと再会することになった(笑)

それから、2~3ヶ月に1回くらいは会ってます。まぁマクラもしてるみたいだけど、そこに俺の存在意義があるってことで、それはそれで問題はないです(笑)
 



おしまい



******************************
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://halunote3.blog22.fc2.com/tb.php/17-3923847b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。