FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************

サチの股間を下着の上からそっと触る。人差し指で、チョンチョンと触れたら、サチは

 サ「ぁん…」

といかにもな猫撫で声を出す。対面座位のような格好で向かい合うサチの服の中に手を入れた。オッパイを膨らみに触れようと手を上に持っていくと、そのままブラに当る感触がした。

ブラの上から、サチのオッパイを触る。手のひらで覆いきれるかきれないかっていうサイズ。程よい膨らみの感触が手に残った。

そっと左手をサチの背中に回して、ブラのホックを取る。ブラのホックが外れたので、そのままブラを脱がせないまま、サチのブラの隙間に手を入れて、プルンとした感触をその手に確かめた。

しっとりした肌とプルプルのオッパイは手に吸い付いてきた。右手も股間から胸に移動させて、サチのオッパイを触る。

両手の親指でサチの左右の乳首をこねくり回しながら、残った指でサチの乳房の膨らみを堪能する。サチは大きくなってきた僕のチンコにクリを擦り付けるように、グイグイと腰を動かしている。

 サ「ハァ…あぁ…」

というサチの色っぽい息遣いに触発されて、僕も興奮が高まってくる。今正に触ってるオッパイを直接目に焼き付けたくて、サチのワンピースをたくし上げ、そのまま首を通して、脱がせた。

そして、外れかけているブラを取り、サチのオッパイを露にさせた。パンティだけの格好のサチの体はメチャメチャきれい。ほっそりとした腰のくびれとはっきりとした胸の膨らみ。お尻は

推定Dカップくらいのオッパイは白く透き通るようで、乳首もとても可愛い。サチは恥ずかしそうに胸を手で覆って隠しているが、その手をどけさせて、そのまま乳首に吸い付いた。

舌先で乳輪ごと吸い込むように口に含む。そのままたっぷりと唾液をつけて、チュポ…チュポ…とゆっくりと吸い上げる。

 サ「ぁっ…」

乳首も敏感みたい(笑)

チュポ…チュポ…

 サ「キモチイイ…」

舌先で乳首をこねくりまわしながら、チュポチュポって吸いつづける。

 サ「あ…ふぁ…」

オッパイをすいながら、両手はサチのお尻に。そのままボリュームおあるお尻をさするように触りながら、ムニュとお尻のお肉を揉み解す。下着をキュッと束ねて、生尻を露にすして、さらに揉む。

 サ「あ…いゃん…」

 僕「サチって本当にいやらしい体つきしてるよねー?」

オッパイをチュポチュポと吸いながら、そう告げる。

 サ「ぇへへ…あっ…あっ…ねぇ…アタシも舐めていい?」

とサチが突然言い出した。

 僕「あ、うん。お願いします」

というと、サチが僕の上から降りて、地べたにペタンと座って、俺のズボンの脱がし始めた。脱がすの協力していると、サチがソファに座っている僕にキスをする。キスをしながら、シャツのボタンを外し始めた。

ボタンを外しながら唇から首筋、そして胸と、サチの唇が這いずるように移動する。ボタンを外されてはだけた胸元にサチの唇が吸い付く。

右手で僕のチンコをさすりながら、乳首にサチはベチョベチョの唾液をつけて、愛撫を始める。チロチロと舌先で乳首を刺激しながら、僕がサチにしたようにサチも僕の乳首を吸い始めた。そして、そのまま下に移動して、僕のパンツに両手をかけて、パンツを下ろした。大きくなったチンコが姿を現す(笑)

サチはチロチロしながら、唾液をたらして、一気にそれを咥えた。

…まじキモチイ(笑)

サチの口の中は暖かくて、やわらかくて、ニュルニュルした感触。そっと包み込みながらも、舌で刺激を与えるようなサチの舌技は天下一品でした(笑)

そのままテンションがあがった僕は、ベッドに移動して、今度はサチにお返しを(笑)

サチを寝かせて足を広げさせると、パンティにシミが(笑)パンティを上に引っ張ると、サチのおま○この形状がくっきり分かる。パンティを上に引っ張りながらくぼみにそっと指を当てる。指先で筋の部分を擦る。パンティのシミがじんわりと広がるのがよく分かる。

筋を指で上下に刺激しながら、クリの部分を軽く引っ掛くようにして、指先でチロチロしていると

 サ「あっ…ぁっ…」

と吐息が漏れ出す。パンティの上からグイっと指を押してみると、ググっと押した場所が押し込まれていく。

そのままパンティをずらしてサチのおま○ことご対面しようとすると

 サ「あっ…恥ずかしいと足を閉じようとするので、足を両手で押えながらパンティを横にずらした。するとネッチョリと糸を引いたサチのおま○こが現れた。なんともエッチな光景である(笑)

人差し指をそっと穴にあてがうと、にゅるっと入る。クリを刺激してそれから穴に。クリを刺激してから穴に。

 サ「あっ…ぃゃん…」

クリクリクリ…ニュル…クチュクチュ…クリクリクリ…ニュル…クチュクチュという感じの動作を繰り返していると

 サ「あっ…あっ…」

サチのおま○こから、いやらしい液体がトロリとあふれ出してくる。

 サ「あっ…キモチイイ…」

そして、ニュル…クチュクチュ…とした時に、指をちょっとだけ深く入れて、サチのおま○こをかき混ぜるように指を動かすと

 サ「あっ…ぅふ…はぁぁぁぁ…」

と快感を感じているような声が漏れてきた。

そして、クンニを始めながら、手マンをしていると、

 サ「はぁ…はぁ…あぁキモチイィ…ねぇ…入れてよ~。オチンチン・・・入れてよ~」

とサチはえらく卑猥な言葉を発し始めたので、

 僕「え?気持ちよくない?」

 サ「うっ…ううん。キモチイイ…よ。いきそ・・でも指で逝きたくないよ~」

 僕「…」

無言で、愛撫を繰り広げる僕。

 サ「ねぇ…だめ?お願い。入れて。オチンチン入れて。あー、きもちいい、本当に逝きそうだから、早く入れて…ハァ…ハァ…」


ちょっとじらそうと思っていたけど、実際問題、ありえないくらいエロくて、テンションがあがってましたんで、僕は愛撫を止めてパンツを脱ぐことに(笑)財布の中にはいっているゴムを取り出し、装着。

ゴムを着けてる時に寝そべっているサチを見たら、すっごい笑顔で僕が焦ってゴムをつけてる姿を観察してる(笑)

 僕「何みてんだよ~笑」

 サ「ハルキ君、イチャケな人やなぁ~って思ってさ」

 僕「は?どういう意味?」

 サ「内緒♪…ねぇ…早く続き…しよ?」

 僕「内緒って(笑)」

そういいながら、装備を終えた僕はサチの股の部分に座り、チンコをま○こにあてがった。そのまま先っちょで、ま○この穴をクリクリしながら、進路を確保。
  
 サ「ぁっ…あん…」

サチの首に手を回し、正常位の体勢になって、キスをする。舌を絡めながら、少しずつ腰を前に押し出した。

ぐぃ…ぐぃ…

 サ「あっ…ハァ…あっ…」

引き抜く時にクチュという音と共に、サチから出る液体の量が増す。

グィ…グググ…クチュ…

グィ…グググ…クチュ…

段々、入れる時の抵抗が弱くなり、クチュ…クチュ…という音だけになった。

 サ「ああぁぁ…ヤバイ…気持ちよすぎる…」

クチュ…クチュ…ジュチュ…ジュチュ…

サチがま○こ濡らしすぎてて音がなんか変です(笑)

正常位の体勢で、サチの腰を持ちあげて、浮かすようにして、突くと

 サ「ハァァァァ…はぁぁぁぁ…うっう・・・・」

グググと押し込んでから、ユックリ引き抜き、しばらくしてから、また一気に奥まで突き通す度に

 サ「あぁぁぁ…うう…ハァァァァ!!!うぅぅ…」

と荒々しい息を漏らすサチ。

サチの首を抱いたまま、体を引き起こし、対面座位の格好になり、サチとキスをしながら、腰をゆっくり動かす。サチもクネクネした腰つきで応戦する。

お互いに、ハァ…ハァ…と息を弾ませながら、舌と陰部をを絡め合い、粘膜という粘膜を擦り付けあう。お互い苗字も知らないし、何をしてるかも知らない。生まれた場所も住んでる場所も遠く離れている。

でも、この瞬間、確かに、僕にとってサチは存在して、サチにとって僕が存在していた瞬間。

それをこの時、サチと向かい合って、性器をこすり付けあいながら、そんなことを感じていた。

まもなく、サチが1回目の絶頂を迎えることになる。

座位の状態で、キスをしながら、グッチョ…グッチョ…と音を縦ながら、していると、

 サ「…あぁ…ヤバイ…ヤバイ…いっちゃう…いっちゃう」と呟きながら、僕の背中に爪を立てた。ぎゅーっと力を込めてサチが上り詰めた。

ビクンとして、体位をそのままに、僕にしがみついていた、サチだったが、しばらく頭を撫でながらサチを待っていると

 サ「はぁぁぁ…いっちゃった…ハァ…」と笑みを見せた。

そのままキスをしてサチをベッドに寝かせ、入ったチンコを抜かずに、横に寝そべったサチに腕マクラをするようにして、後ろから合体。

後ろから入れた状態で動きをなるべく少なくして、サチとの一体感を楽しんでいると、何故かサチが腰を動かし始める(笑)

クチュ…クチュ…

 サ「キモチイイ…アッ…ン…」

サチの背中に舌を這いずらせながらオッパイを触りつつ、腰をゆっくりしかし奥深くまで押し込む。
  
 サ「はぁぁ…あっ…あっ…」

段々とペースが上がってくると、そのまま、僕は起き上がり、バックの体勢になり、サチの腰を掴みながら、腰を動かす。

ジュプ…ジュプといやらしい音が部屋の中に響き渡り、

 サ「あーーっ!あっん!」

とサチのよがる声も段々と大きくなってくる。

その声に触発されてか、僕の腰を突きつけるペースも段々と早くなってきて、

パン…パン…パン!

 サ「あーーあーーー!ハァァァァ・・・」

そして、射精感が下腹部からドンドンと上ってくるように押し寄せてきて、

 僕「はぁ…いきそう…いい?」

 サ「…うん。もうちょっとダケ待って…あっん!あたしもいきそ…あっあっ…」

 僕「わかった(笑)じゃあ、もうちょっとダケね…あ…ぁ…」

 サ「う、あっうっぁっ…うん。あっでも、もうヤバイかも…あっ…あっ」

 僕「じゃあ、一緒に…逝けそう?」

 サ「あっあっヤバイ…いっいく。いく。いっちゃう。いっちゃう!」

パン…パパン…パン…パパパン!

 僕「あっあっ…いく。」

 サ「あーーー。…あっ!!!」

ドクンっ…ドクンっ…


…肘を張って四つんばいになっていたサチの肘が崩れた。

俺のチンコをくわえ込んでいるサチのま○こが丸見えな状態でサチはベッドに突っ伏してしまった。僕もその間、射精感を全身に受け止めて、サチのお尻をギュゥゥゥと鷲づかみにしてしまっていた。


ハァ…ハァ…

息遣いだけが部屋に響いていた。


(あとちょっとダケ)つづく


******************************
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://halunote3.blog22.fc2.com/tb.php/21-4f9065d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。