FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************

服の中に両手を入れて、中をまさぐると、マミから艶やかな声と息が漏れ始める。

マ「ぁ…ハァ…」

僕「…」

カチャツ

僕は無言で、背中に手を回して、ブラのホックを外して、肩紐を両腕で下ろし、肘を抜かせて、スッとブラを抜き取った。手にもった下着をみてみると、ピンクでレースが付いた可愛いブラだった。


僕「…可愛い下着つけてくれてるのに、すぐ脱がしちゃってゴメンな(笑)」

ミ「えへへ…ううん。大丈夫(笑)」

っていってちょっとはにかむマミにもう一回チュってした。チュってしながら、手をマミの胸の辺りに持ってくる。服の上からマミの乳房に触れる。形の良いお椀の上の小さな突起が愛らしい。人差し指で円を描くように乳首を触れる。

クルクルクル…クルクルクル…

トンボがいたら間違いなく目を回すでしょう(笑)

マ「…あっ…」

といって、反応しだすマミ。そっと人差し指と親指でつまんでみる。

マ「…んっ…んっ」

突起しだしてくるのが分かる。続いて右の乳房も同様につまんだ。マミの両腕は僕の首に回っており、僕は両手で、マミの両乳首をつまむ。

コリ…コリ…

そういいながら、そっと乳首をいじっていると

マミ「…ぁ…ゃん…」

と猫撫でマミは感じ出した。

すっかり乳首が固くなってきたので、服をめくりあげて、オッパイを露にする。

マ「…ゃん…」

と恥らうマミをちょっとイジワルそうに上目遣いでマミを見る僕。

目が合って伏せ目がちになるマミ。

そのまま、マミを見つめながら、ツンと突起した乳首に舌を這わす。

チョロン…チロチロチロ…

マ「あっ…ん」

今度は舌を円を描くようにして、乳首を転がすように舐める。

チュポ…と口に含んで、唾液をつける。

そのまま…ジュポ…チュポ…

口の中でこねくり回すように舌を絡めて、そして手のひらで乳房をそっとさするような動きを加えていくと、マミが僕の頭を抱きかかえるようにして、顔を胸に埋めさせてきた。

マミの腰に手を回しながら、マミのベルトを外す。ベルトを外して、ショーパンを脱がすために一回上から降りてもらう。そして、そのまま両足を上げてショーパンを脱がして、パンツと上着だけの姿にする。

マミはすべすべしてて白くて細い子。そのままマミを左側に座らせたまま、足をちょっとだけ開かせる。パンツの上からそっとなぞると、シットリとした感じが伝わってくる。

人差し指で、クリクリって下着の上から刺激を続ける。

マ「はぁ…照れる~(〃△〃)」

そういいながら、マミは手で顔を覆い始めた。足も閉じようとしたので、グイっと足を広げてた。そして、ま○この形が分かるくらいパンツを上に引っ張りあげる。

マ「ぃゃ~~」

とか言ってるけど嫌がる様子は全くない(笑)

そして、そのくっきりと浮かびだした筋に人差し指を当ててクリクリクリっと押し込んだ。

マ「あっん…」

クククっと5mmくらい、奥に押し込まれると、ジワッとしたシミがパンツに浮かび上がってきた。

マイの表情にエッチな色が浮かび上がってきた。


つづく
******************************

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://halunote3.blog22.fc2.com/tb.php/25-3d9e4372
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。