FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************
車を山間のモーテルの駐車場に停めて、エンジンを切る。

こんな微妙な時間ですから、先客も疎らで、あたりはとっても静か(笑)

人為的に隠されているかのようにひっそりと建つモーテルは、背徳を背負う人達の隠れ家のような佇まい(笑)

音がないモーテルの駐車場内で、すっかり乱れたいでたちをしているJKのリナ。すっかり欲情した様子が伺える。そのまま、車内でだらしなくヨダレをたらしてる唇を塞ぐと、ねっちょりとした舌が途端に絡みだし来ます。


リ「はぁ…んっ。…ハルキ…キスがエロイ…」

僕「エロいキスしてほしかったんじゃないの?」

リ「まぁね~笑つか、ホテル入ろうよ~笑」

僕「…だな笑」


そういって部屋に入って、ドアをしめたらまたすぐに、キスを始める僕とリナ。

クチュクチュとしたを絡めながら、スカートをまくりあげ、お尻の膨らみに確かめる。そのままパンツをグイとまとめてTバック状にすると

リ「やーーーー!超照れるんすけどー」

とか言ってる(笑)

お構いなしに、プックリとしたところを指でチョンチョンすると

リ「あっ超キモチイイかも…」

リ「リナねー、クリがすげー感じんだよね~」

とか言う。


じっとりと湿った感覚が指先に感じるものの…。

なんかね…


雰囲気が出ないんですよ(笑)

ゴチャゴチャうるさいし、なんかスポーティなセックスって感じで(笑)

まぁ学生ノリだから仕方ないとは思うんだけど、リナ自身が今ひとつエッチを物足りなく感じてる理由は、このノリにあるんじゃないだろうかと思いまして…(-ω-;)ウーン

やっぱり、ドキドキ感が足らないんじゃないかな~?って思いまして、つうことで、この辺からちょっといつもとは違うノリを演出していこうと思ったわけです。


僕「リナはクリいじられるの好きなんだ~?どの辺?このあたり?」

といいつつ、プックリした部分の中のクリの位置を探しながらツンツンする。

リ「あっもうちょい上…」

僕「ここ?」

リ「うん…あっ…」

僕「こんな感じ?」

といって指の先を掠るように指を動かし、微弱な刺激を与えてみる。

リ「あっああ、そう。キモチイイ。」

僕「リナさ~じゃあソファ座ってよ~んでM字になって」

といいながら、刺激を段々強めていく。

リ「う、うん…」

といって、ソファに座るリナ。

中々M字にならない。

僕「早く足広げてよ~」

リ「えー。。つか、恥ずかしいし」

僕「いいから早く。」

ちょっと語調を強めていってみる。

リ「…」

無言でちょっとずつ足を広げる。


俺はテーブルの上に腰掛けて、リナの対面に来る。

僕「両手でパンツの上からでいいからま○こ触ってみ」

リ「…」

無言で、リナが手をま○こらへんに手を伸ばす。

僕「クリはどこ?」

リ「…」

この辺からリナの余裕がちょっとずつ消え始めて、無駄なおしゃべりが無くなる。

そして、右手でクリをいじり始める。

リ「…ぁっ…」

そういって指を上下に動かして、こすり付けるようにしてる。

僕は膝に肘を乗せて、リナの様子を頬杖をつきながらじっと見ている。

僕「リナ。こっち向きなよ。」

リ「…」

そういって、おもむろにコッチを見る。すっかり潤んだ目になってます(笑)

僕「じゃあ、パンツ脱ごうか。あとブラも取って」

そういうと、ワイシャツの裾を出して、ブラだけ外すようにさせて、ワイシャツの下はノーブラ。パンツはためらってたが…

僕「早くしなよ」

と言い放つと、腰を上げてパンツを脱いだ。

僕は依然として、頬杖をついたまま、体は一切動かさずにリナを見る。

脱ぎ終わるとまた足を閉じているので、

僕「足広げて、ま○こ見せてみて」

というと、素直にリナはまたM字で足を広げて、ま○こを開帳した。

僕「ビラビラめっくって」

そういうと、両手でビラビラをめくりピンクの色の穴が姿を現す。メッチャ濡れてて、リナの息使いもかなり荒い。

僕「右手でクリ触って」

また、素直にクリを触る。

リ「っあ…」

といって、クリをさわりながら、オナニーを始めるリナ。


リ「あっ…キモチイイ…ヤバイ…」

僕「エロイ女だな~りなは~」

リ「だってハルキが…」

僕「恥ずかしくないの?そんな格好して?」

リ「…そんなに見ないでよ」

といいつつ、オナが止まらない(笑)

クチュクチュになってきてて、リナの喘ぎ声も大分大きくなってきてるけど…でも、まだ何もしていない僕がいます(笑)


そろそろってことで、いきなりM字でオナってるリナの足をガバってもって持ち上げてクリに吸い付きクンニを。

舌の先でチロチロして

唾液をタップリと口に含んで

チュパっ…チュパッって吸う。

リ「あっぁっ…」

段々と吸う力を強くしていき

チュパっチュパッ


チュパっチュパッ


チュパっチュパッ


ジュパッジュパッ


ジュパジュパジュパ…


ジュパジュパジュパ

ジュパジュパジュパ

ジュパジュパジュパ

ってクンニしてると、

リ「あーーーー、あっぁっあっ…ヤバイヤバイヤバイ…あーーー!」


と、リナが逝ってしまいそうになるので…一旦中断(笑)


リ「やん…もっとして…」

じゃあってことで、その体勢のままちょっとしてから今度は手マンをすることに。

ま○こは濡れ濡れだから、すんなり指も入るしリズミカルニ動かしてると、またおつゆが溢れてくる。今度は俺も参加するぞってことで(笑)フェラをさせながら、手マンをする体勢に。

リ「ん~、ん~…」

って言いながら、喘いでますが、何を言ってるのか分かりませんので、そのまま続行♪まぁ口はほととんど動かせない状態でしたんで、フェラっていっても口に咥えてるだけって感じ。

僕「リナは今何されてるの~?」

リ「ん~ん~」

チンコを引きぬいて、リナに喋らせる。

僕「リナは今何されてるの~?」

リ「手マン…されてる…あっ…んっ…」

僕「誰に~?」

リ「は、ハルキに…」

僕「ハルキって誰~?」

リ「…今日…初めて…あっ、あん…会った人…」

僕「そんな人に手マンされてるんだ~?」

リ「…ぁんっ」

僕「気持ちいい?」

リ「う…うん…」

僕「じゃあ、知らない人にま○こクチュクチュにされて気持ちいいって言ってみて~笑」

リ「や、やだ…あっ…あん…」

僕「早くいいなよ~感じてんじゃん」

リ「あっ…うん、だってキモチイイし…」

僕「早くいいなって?止めちゃうよ?」

リ「あっいや、キモチイイ。ハルキにま○こクチュクチュされて…気持ちいい…」

僕「知らない人にだろ~笑」

リ「あ、知らない人に…ま○こクチュクチュされて、気持ちいい…」

僕「彼氏この場面みたらどうおもうかな~笑」

リ「や、やめてよ~…」

僕「彼氏名前なんていうの?」

リ「やだ。いいたくない…あっぁっ…」

Gスポットをトントントンと押し始める…

リ「あっ!あっキモチイイ…あっんっ!!あっんっ!!」

僕「気持ちいいでしょ~?やめられたくなかったら彼氏の名前教えて~(笑)」

リ「…○○○」

僕「ふーん…じゃあ、さっきのセリフの頭に○○○って付けていってみて~」

リ「…あぁぁぁぁ…キモチイイ…おかしくなりそう…」

僕「ほらっ言ってみ」

もうこの辺になると、リナも色々混乱状態になってて、すっごいエロい顔しながら…

リ「○○○~、知らない人にま○こクチュクチュにされてきもちいいよ~やばいよ~あっあっ…ヤバイ」

僕「○○○さーん、彼女のリナのま○こもうグッチョグチョで、手首まで濡らされてるんですけど~」

リ「やだーー!やめてやめてーーーそんなこと言わないで~!!」

僕「やめちゃうよ?いいの?」

リ「やめないで、お願いあっ、あっあっ…」

僕「じゃあ、もっと言ってみて。」

リ「○○○~きもちいい!!グチュグチュだよー!あっぁっ…」

僕「○○○さん、アナタの彼女変態ですよ~」

リ「や、やだ…」

僕「ほらっすっごいグチュグチュ…」

リ「や、やだぁぁ~あっ、きもちいい…ハルキ、きもちいいよ~」

リ「ねぇ?逝っていい?ねぇ○○○逝っていい?」

僕「名前間違えてるし(笑)」

リ「あっダメ…もう逝くイクイク~ーーー!!」


と言って、ビクンッビクンッとして、リナのま○こから温かい液体があふれ出して来た。







リ「はぁ…はぁ…何これ…頭おかしくなりそうだった…」

僕「超エロかったぞ…りな」

リ「はぁ…ハァ…」

といって、足をダランとさせて、放心状態で無言のリナをそのまま、ベッドまで抱き上げて、服を全裸にして、ゴムをつける。そのまま股を割って体を滑り込ませると、足を広げて、俺を受け入れようとする。


部屋に入った時にうるさかったリナとは大違いで、すっかり余裕が消えて切なそうな顔になっているのが、余計に俺を欲情させるのでした…( ̄ー ̄)ニヤリッ


つづく

******************************

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://halunote3.blog22.fc2.com/tb.php/32-c5e0a91b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。