FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************

ホテルに入り、部屋を選んで、エレベーターで階を登る。

終始手はつながれたまま。狭い空間の中、ちょっとだけ沈黙。

3階、、、4階、、、5階。

チーン

とエレベーターが止まり、ドアが開いた。ナナの手を引きエレベーターを降り、部屋を探し当てて、部屋の扉を開けて

僕「散らかってるけど…どうぞ~♪」

ナ「え?ハルキさんのお部屋?笑」

僕「いや、ウチらの部屋でしょ?愛の巣だし…笑」

ナ「あぁ、そうだった(笑)」

そういって、ナナに先を譲って僕も部屋に入る。

ナナにそのまま手荷物をどこかに置かせて、手を引きバスルームへ。

バスタオルを取り出して、濡れた手や体を拭いてあげながら、ナナを包むようにバスタオルを被せてそのまま、バスタオルごとナナをハグ(笑)ナナも僕の腕に腰を回して、くっ付いてくる。


僕「…寒かったでしょ?」

ナ「…うん。でも今は温かいです…」

僕「…まぁ、熱さでいったら俺か修造かって感じだからね~(笑)」

ナ「やん(/ω\)暑苦しいの嫌デス(笑)」

僕「おぃ!!笑」

ナ「ヘヘッ…」

僕はバスタオルでナナの髪を両手で拭きながら、ナナの頭を押えるようにしてナナを見る。

ナナは多分身長が163、4cmくらい。だから、ナナがちょっと上をむいて、僕がちょっと下を向くっていう、偶然が重なると、自然と唇も重なってしまう。

何も言わずに、目を閉じながら、上を向くナナに僕はチュッって口づけをして、そのまま唇を愛撫すると、ナナからかすかに吐息が漏れ始める。

ナナの反応呼応するかのように僕の舌がナナの口を割って、ナナの口内に侵入して、不穏な動きを見せ始める。ナナの舌も外敵に侵入を阻むために、必死でそれに立ち向かい、肉弾戦を繰り広げて、激しく絡み合う。

クチュ…クチュ…

ハラリとタオルを下に落として、ナナの頬に手を置きそこから、髪を掻き毟るようにしながら、更に舌を絡める。

クチュ…チュゥ…クチュ…

ナ「んっ…んん…」

そして、しばらくして、僕らのせめぎあいが小休止をし、唇を離し目を開けるナナ。うっとりした表情で僕を見てくる。

そのまま、ナナの頭を撫でて、そして僕の胸の顔を埋めさせると、ナナも僕の腰に手を回したまま、しばらくそうしていた。



もう1分…くらい?沈黙のまま、ナナは顔を埋めていて、僕もじっとしている。

そして、切り出した。

僕「…そろそろ、訳、聞いてもいい?」

ナ「…何がですか?」

僕「いや、今ナナが僕とこうしてる訳をさ~(笑)」

ナ「…あはは…今更ですね…(笑)」

僕「今更だけど、大事なことだと俺は思うよ?(笑)」

ナ「…いや、なんていうか…」

僕「…なんていうか?…」

ナ「ハルキさんには、すごく失礼な話なんですけど…」

と言ってナナはポツポツと話始めた…。


つづく

******************************

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://halunote3.blog22.fc2.com/tb.php/48-6bc1d1c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。