FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************

僕の上にマナを跨らせて、二人とも音を立てないようにして、舌を貪りあう。唾液が混ざり合い、僕は舌先にマナの舌の滑らかさや、柔らかさを感じる。

(チュ…チュパ…)

静かに、静かにキスをしながら、僕は、マナをギュッと抱きしめていた、両手を静かに動かし始める。右手を繋ぎ(マナのは左手)、左手は、背中側から服の中に手を入れて、背中を直に触る。

マナの細い腰に手を回して、そのまま徐々に手を上にもっていき、ブラのホックに手を掛ける。ゆっくりとつまみをもってブラを外すと、繋いでいた右手を離し、マナの服をブラごとめくり上げて、おっぱいを露にさせた。


ブラと服をマナに自分で持っていてもらうようにして、僕はマナのおっぱいをそっと愛撫しはじめる。乳房に舌を落とし、音を立てないようにチュプとキスをする。

舌先で乳房の弾力を確かめながらキスをつづけ、そして、舌を這わす。這わした下をそのまま、ツツー~っと上に持っていき、マナの乳首の突起に到達するまで舌を這わすと、

ビクンッ…

とマナの身体が小刻みに震える。そのまま、舌先で乳首をつつきながら、チュポ…っと乳輪全体を覆うようにして、口に含んだ。

弱い力で吸いながら、時折舌先で乳首をそっと弾く。

ビクンッ…ビクンッ…と震えながらも、決して声を出さないようにしているマナ。羽織らせたコートの中にすっぽりと包まれるようにして、マナのおっぱいを愛撫する。

触っていない方のおっぱいを左手で、そっと包み込む。下の乳房を手の平で覆いながら、そっと揺らす。手の平に広がる柔らかくて、しっとりとした触感。肌理の細かいマナの肌は、いい化粧品を使っているだけある(笑)

口で乳首をすいながら、左手の親指でマナのもう方方の乳首を触る。すっかり硬直して、堅くなっている。そっと、撫でるようにして、親指で愛撫をしながら、人差し指を持ってきて、両指で摘む。

コリコリっとすると、またビクンと身体を震わせるマナ。それでも声を出すのは堪えている。


口を乳首から離し、そのまま、左手も乳房から離すと、僕は両手でマナの腰の辺りを撫で始める。左手をお尻の方に、もっていきながら、お尻を撫で回し、右手をマナの太ももに触れさせる。

手の甲で、マナの太ももの内側を擦る。

そっと擦りながら、膝の裏側の方から、股の付け根のあたりをウロウロ、ウロウロさせてみる。ふとマナを見ると、期待と不安を入り混じらせたような表情で僕を見ていた。

愛おしくなり、僕はマナにキスをした。まなもすぐにそれを受け入れる。キスをしながら、僕は右手を動かした。膝の裏側から、徐々に股の付け根に近づいていく、右人差し指の手の甲に呼応するようにマナの腰はちょっとだけモゾモゾっと動いた。

人差し指の甲が股の付け根の窪みを通り越し、パンツの布地に触れる。じんわりとした、温もりと、湿り気を感じる。

キスを止めて唇を離し、指を少しだけ動かす。

ビクンッ…とマナの身体が震える。

もう一度、指を動かす。

ビクンッ…

力をこめずに、手の甲でそっとそっと触れると、やはり、マナは指の動きに合わせて身体を震わせた。手の平を返し、腰を浮かせてもらって指の腹側をマナのおま○こにそっと押し当てるようにした。

ゆっくりパンツの上から指先をつかって触る。力を込めずにそっと揉むようにして。

ビクンッ…ビクンッ…「(んっ…フゥ…)」

身体を震わせて…そして、小さく、とても小さく、微かな吐息を漏らし始めた。マナの息に湿り気が出てきたように、当然ながら、僕の手の先にも湿り気を感じだしてきていた。ムニュ…ムニュ…とそっと手を動かして、マナのおま○こを揉み続ける。


といっても、マナは僕に跨っている体勢なので、はっきりいって体勢的には結構キツイ(笑)なので、僕は手をマナと僕の股間の間に挟んで、辛うじて動かしているっていう方が合っているかもしれない。

ただ…それでもマナの股間はドンドンと湿ってきていた。

僕はマナにキスをしてから、唇を外れ、ホッペにキスをしながら、首筋…そして、耳たぶ…へと口をずらしていく。耳の中に舌を入れて、クチュクチュとイヤらしい音を聞かせながら、マナ以外の誰にも聞こえないようなとても小さな声量で

僕「…(マナ…すご~~く濡れてきたよ…)」

と囁きながら、指を動かした。

マ「(んっ)ヤッ…」

と声を漏らした。

僕(「ダメだよ…声…出しちゃ…笑)」

と僕が言うと、

マ「…(ゴメンナサイ…)」

と謝った。

最初に会った時、とても警戒していて、ちょっとだけ反抗的だったマナの態度がこうしてどんどん従順になっていく様に僕は喜びを感じながら…

僕「(いいよ…でも声、ださないように、口で抑えてて?)」

というと、

マ「(ウン…)」

といって、マナは自分の口を手で塞いだ。


僕が、パンツに手を掛けると、マナは素直に片手を地面に付かせて、腰を浮かせて…僕にパンツを脱がさせた。脱がしたパンツには、ネットリとしたイヤらしいシミがついていた。


つづく

******************************

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://halunote3.blog22.fc2.com/tb.php/80-09371bbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。